アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
平井一弘(編)「マス・ケート文集」
平井一弘(編)「マス・ケート文集」 1902年生まれの平井満寿子、大学卒業後婦人記者からファッション界で活躍した方です ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/16 13:45
桜 有楽町・マリオンのルミネ側の広場に ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/27 09:45
「毛のない生活」山口ミルコ著
「毛のない生活」山口ミルコ著 山口ミルコさんの書かれたエッセイです ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/03/23 15:36
RURIKO
RURIKO RURIKO 林真理子著 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/28 13:28
柴田よしき著「小袖日記」
柴田よしき著「小袖日記」 会社の上司と不倫をしていたあたしは、突然上司から妻が妊娠したからと別れを告げられた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/16 15:14
「天地明察」 冲方丁著
「天地明察」 冲方丁著 分厚い単行本ながらも面白くて ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/16 09:57
港の見える丘公園〜小泉八雲展
港の見える丘公園〜小泉八雲展 日曜日の曇り空・・横浜・港の見える丘公園へ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/10/26 13:17
北村薫著「街の灯」
北村薫著「街の灯」 「ベッキーさん」シリーズの第1作目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/16 11:37
恩田陸著・「私の家では何も起こらない」
恩田陸著・「私の家では何も起こらない」 本の表紙 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/14 13:24
ペーター・トレメイン著「アイルランド幻想」
ペーター・トレメイン著「アイルランド幻想」 昨年アイルランド旅行をしてから、まだアイルランドが頭から離れない私 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/24 13:38
「ラストリゾート」パトリック・J・ルイス著
「ラストリゾート」パトリック・J・ルイス著 以前・「週刊ブックレビュー」で紹介された本です ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/11 14:16
「猫 クラフト・エヴィング商會プレゼンツ」
「猫 クラフト・エヴィング商會プレゼンツ」 谷崎潤一郎、大仏次郎といった大作家たちが書いた「猫」に関する短編集です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/05 15:01
クリストファー・パオリーニ著・ブリジンガー炎に誓う絆 下
クリストファー・パオリーニ著・ブリジンガー炎に誓う絆 下 ガルバトリックスとの戦いへ向けて、一歩一歩戦いへと帆を進めていくエラゴンとサフィラ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/16 13:14
スティーグ・ラーソン著 ミレニアム3(下) 眠れる女と狂卓の騎士 
スティーグ・ラーソン著 ミレニアム3(下) 眠れる女と狂卓の騎士  ミレニアムシリーズを読破しました ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/05 10:04
山川静夫著・大向うの人々 歌舞伎座三階人情ばなし
山川静夫著・大向うの人々 歌舞伎座三階人情ばなし 歌舞伎座が今年4月をもって建て替えになるときに ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/27 13:34
ミレニアム3・・眠れる女と狂卓の騎士・上 
ミレニアム3・・眠れる女と狂卓の騎士・上  傷ついたリスベットが担ぎ込まれた病院の医師アンデルス・ヨナソンの記述 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/20 13:10
ブリジンガー(上)ドラゴンライダー3
ブリジンガー(上)ドラゴンライダー3 「エラゴン」第一作目が映画化されましたが、続編はボツになったような・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/08 11:25
高橋治著・「風の盆恋歌」
新派の舞台で同名の作品を観たときに ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/29 12:49
村上春樹著・1Q84 
村上春樹著・1Q84  初村上春樹でした ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/09/24 14:58
表現できない・・・??
表現できない・・・?? 作曲家ヤナーチャクのシフォニエッタ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/09 15:06
三浦哲郎著「ユタとふしぎな仲間たち」
三浦哲郎著「ユタとふしぎな仲間たち」 劇団四季でミュージカル化されてから原作本を読みました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/03 16:27
「ミレニアム1」 スティーグ・ラーソン著
「ミレニアム1」 スティーグ・ラーソン著 北欧の本を読むことはほとんどありませんが ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/26 13:04
J・K・ローリング著 「ハリーポッターと謎のプリンス」
J・K・ローリング著 「ハリーポッターと謎のプリンス」 15日より映画の公開が始まっていて ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/16 13:24
松田美智子著「越境者 松田優作」
松田美智子著「越境者 松田優作」 俳優・松田優作が生きていたとき、特に人気がうなぎ上りのころ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/25 13:34
和田竜著「忍びの国」
時代小説を書くことの難しさを読んでいて感じた ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/06/12 12:57
アイルランド旅行・・出発!!
アイルランド旅行・・出発!! 昨年の秋に家族の友人からお誘いを受けて ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/11 08:05
加藤廣著「明智左馬助の恋」
加藤廣著「明智左馬助の恋」 初めて読む 作家・加藤廣氏の文章にいささか面食らい ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/15 14:18
高橋克彦著「月下天使 ドールズ」
高橋克彦著「月下天使 ドールズ」 ドールズシリーズの最新作 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/07 12:45
林えり子著「焼跡のひまわり 中原淳一」
林えり子著「焼跡のひまわり 中原淳一」 先日NHK「新日曜美術館」において中原淳一のことを特集していました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/01 13:09
青木新門著「納棺夫日記」
青木新門著「納棺夫日記」 先日のアカデミー賞を受賞した「おくりびと」の元になった本を ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/24 17:00
高橋克彦著「ドールズ」
高橋克彦著「ドールズ」 やや不気味な装丁ながら、思っていたほどドロドロした感じのホラーでなく ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/23 12:50
海堂尊著「チームバチスタの栄光」
海堂尊著「チームバチスタの栄光」 医療問題を扱ったミステリー ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/16 14:09
黒岩比佐子著「明治のお嬢さま」
黒岩比佐子著「明治のお嬢さま」 明治のお嬢さま・・それは公家・大名華族・財閥のお嬢様です ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/25 13:11
ジョー・ヒル著「20世紀の幽霊たち」
だめだ〜 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/13 09:45
「生きづらさ」について 雨宮処凛・萱野稔人著
「生きづらさ」について 雨宮処凛・萱野稔人著 年末に大きな問題となった派遣切りから東京・日比谷公園での支援村から正社員へも向いてきた人員整理問題。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/06 13:28
竹田真砂子著「牛込御門余時」
竹田真砂子著「牛込御門余時」 江戸・牛込界隈を舞台にした八編の短編集です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/19 13:20
筒井康隆全集 17
再ドラマ化された「七瀬ふたたび」を、改めて原作を読んでみようと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/16 14:01
トム・ロブ・スミス著「チャイルド44」上下
トム・ロブ・スミス著「チャイルド44」上下 宝島社の「このミステリーがすごい」の今年・海外部門の1位になったのもうなずける1冊です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/22 15:15
上橋菜穂子著「夢の守り人」
上橋菜穂子著「夢の守り人」 守り人シリーズの3作目 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/10 13:50
宮部みゆき著「おそろし 三島屋変調百物語事始」
宮部みゆき著「おそろし 三島屋変調百物語事始」 やっぱり旬に読むのはいいなぁ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/12/04 14:40
町田康著「猫のあしあと」
町田康著「猫のあしあと」 芥川賞作家であり、ロックシンガーでもある町田氏のねこたちとの話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/01 13:20
太田十折著「草葉の陰で見つけたもの」
太田十折著「草葉の陰で見つけたもの」 2つの短編で構成されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/27 13:24
上橋菜穂子著「闇の守り人」
上橋菜穂子著「闇の守り人」 守り人シリーズの2作目。この2冊目でこのシリーズにますますはまりそうな予感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/07 13:35
上野菜穂子著「精霊の守り人」
上野菜穂子著「精霊の守り人」 人気のファンタジーですね。 本の分類がヤング・児童書になっているのが不思議な感じです。 最近のファンタジー本は年齢に関係ない、力のある文章で大人から子供まで楽しむことができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/17 11:58
ジェフリー・ディーヴァー著「ウォッチメーカー」
ジェフリー・ディーヴァー著「ウォッチメーカー」 今回の作品のテーマー 「ビフォー アンド アフター」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/13 14:09
石川達三著「青春の蹉跌(さてつ)」
石川達三著「青春の蹉跌(さてつ)」 2週間ほど前テレビを見ていたときに、この小説に似た事件があって作家が当時その辺りに取材に ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/07 12:48
最相葉月著「星新一 一〇〇一話をつくった人」
最相葉月著「星新一 一〇〇一話をつくった人」 実のところ、作家・星新一のことを「ボッコちゃん」という作品があることは知ってましたが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/10/07 12:06
ダニエル・ケールマン著「世界の測量 ガウスとフンボルトの物語」
ダニエル・ケールマン著「世界の測量 ガウスとフンボルトの物語」 冒頭、学者であるガウスが会議に向かうことを駄々っ子のようにぐずるシーンから話は始まりますが、とっつきにくか ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/29 10:44
遠藤周作著「読んでもタメにならないエッセイ 周作塾」
遠藤周作著「読んでもタメにならないエッセイ 周作塾」 「沈黙」「海と毒薬」などの硬派な小説から、「狐狸庵」というもう一つの名前をもちながら、軟派なものも書いていた ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/09/12 16:22
辻原登著「枯葉の中の青い炎」
辻原登著「枯葉の中の青い炎」 6編の短編が収蔵されていますが、川端賞を受賞した ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/05 14:00
「評伝・菊田一夫」
シアター・クリエでも見かけた本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/26 11:34
「霧のソレア」・緒川怜著
ものすご〜く興奮しました ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/01 14:03
「友よ、弔辞という詩」サイラス・M・コーポランド著
掲載されているのは、亡くなった方へ捧げられた、「弔辞」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/11 10:05
東直子著・「とりつくしま」
今回の本は、NHKのアナウンサーによる朗読の番組・ラジオ文芸館のなかで放送されて ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2008/05/27 13:17
近藤史恵著・「サクリファイス」
プロの自転車ロードレースチームに所属する若手の白石誓を主人公に、さまざまなことを乗り越えて、成長していく姿が描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/20 11:10
「ピンポンさん」
「荻村伊智朗」 この方の名前をご存知でしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/01 14:15
新日曜名作座「孤宿の人」
NHKラジオ・日曜日の夜にラジオドラマが昭和32年から放送されていましたが、今回新装されて再開されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/04/22 14:30
あさのあつこ著「弥勒の月」
作家・あさのあつこさんというと、最近では「バッテリー」のヒットがすごいですが、彼女の ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/09 13:08
「ギリシア悲劇」
このところお芝居や映画にいっていないためか、何かそれに関するものが無性に読みたくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/03/28 14:21
「消えたカラヴァッジョ」
このところ、絵画に興味がわいています。(あくまで素人目ですが) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/21 09:50
「桜姫」
なにかバックの中に読める本が入っていないとムショウに寂しくて・・書店に入って表紙がきれいなのでちょっと買ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/10 10:07
「マリー・アントワネットの調香師」
関東ではマスクをかけている人が多くなり、本格的な花粉飛散の時期を迎えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/05 11:59
「午前4時、東京で会いますか」
毎日遊びに行っている「こはる」さんのブログを見てたまらなく読みたくなった本です。「http://blogs.yahoo.co.jp/coharuphoo/trackback/970309/9004628」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/01/29 15:50
「金子みすゞふたたび」
詩人・金子みすゞを知ったのは金子みすゞのTV番組を見たときだった。そのときに感じたのは大正・昭和に女性で童謡詩人として活躍することが難しかったのではないかと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2008/01/24 12:00
「負けるのは美しく」・・俳優児玉清さんの本
TVでのアタック25の司会ぶり、ドラマでの演技などとてもダンディーな児玉清さんは、好きな俳優さんの一人です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/16 13:35
「聖灰の暗号」
上下巻でしたが、久しぶりに面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/12/07 12:00
モスラの精神史
NHKBS11で毎週日曜日の朝に放送されている「週間ブックレビュー」のお勧めの1冊の中で紹介された本・「モスラの精神史」です。 たぶん自分から読んだりするような範疇の本ではないのですが、この番組の3人合評が面白かったので手をとりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/28 13:28
「聖なる暗号」
今回読んだ本は、ONLINEゲーム「大航海時代」を舞台になっているものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/21 10:01
「ウィーン わが夢の町」
本を探すとき、または何か新しい本を読みたいときは、よく新聞掲載欄をみたり、雑誌の推薦文をみて購入することが多いです。ただそうしているうちに自分のテリトリーの本ばかり読んでいて、気持ちが煮詰まるときがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/08 11:57
「ゴーストハウス」
不思議なファンタジー小説です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/06 10:34
「ハンニバル・ライジング」
「羊たちの沈黙」の衝撃・・・この作品以降、サイコ・サスペンスの分野は数多くの作品を排出してきたけれど、「レスター博士」の登場するこの三部作は独特な持ち味をもっているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/26 12:00
「しゃばけ」
本の後書きに「ファンタジーノベル大賞受賞」と書かれていて、納得しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/18 10:30
「レベッカ」・・読みました。
この3か日間、なんだか夢見ているように楽しく本を読んでました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/09/13 13:04
「ハムレット役者」・宝探し銅マークあり
芥川龍之介の長男・芥川比呂志氏のエッセイ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/05 10:21
「バチカン・エクソシスト」
「エクソシスト」は最近のディレクターズ・カットのDVDが発表されてもヒットする ホラー映画の代表作ですが、自分にとってホラーやスプラッタームービーは怖くて見ることが出来ないのが現実。 話題作などは本を読んでみるというのが常ですが、今回怖かったらどうしようというのが先にありました。この本はそういうこととは一線を画していて、社会的・歴史的背景、現状にそって検証しています。 最近多い、悪魔祓いによる事件などについても扱っていて、守備範囲が広いです。 「エクソシスト」の映画にも実際の神父が監修、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/04 09:42
「Kの日々」
通勤の電車の中で、ドキドキしながら次へ次へと読み込んじゃいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/30 09:41
「レベッカ」を読もうかなぁ
山口祐一郎さんの来年のシアタークリエでのミュージカルが「レベッカ」に決まって、映画の 「レベッカ」を観たことがあるような、ないような・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/29 11:32
「芝居語り」渡辺えり子対話集
ほとんど対話で書かれているものは読むことがないのですが、この本は別格かもしれません。 このところ、歌舞伎の脚本を書かれたりと大活躍な渡辺えり子さんの対話集です。 この内容が面白いのはたぶん、渡辺えり子さんが役者であると同時に脚本家・演出家であることがあるのだと思います。 彼女に導かれて役者さんたちが次々と話されると、また自身の強い個性が浮かび上がってきて、役でしか知らなかった人がより彩り鮮やかになって面白さが倍増します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/24 13:06
「いつまでもデブと思うなよ」
16日に発売と当初なっていました。昼当番で本屋さんに直行・・ない いつも行きつけの本屋さんで棚を見て回りながら、ドタドタ。 ここでは買えないと思い、日が過ぎて。 結局21日ちょっと行きつけではない地下鉄駅内の本屋さんで、この本を発見!! よし買おうと手に取ると、最後の1冊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/23 11:03
戦場のニーナ
ちょうど、広島・長崎の原爆投下から62年。 なかにし礼氏の「戦場のニーナ」を読むことにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/13 09:54
ありがとう!!「幽霊人命救助隊」
3日間の通勤の行き帰り、本当に楽しい時間を過ごせて、よかったなぁ〜って思っています。 月曜日に病気で1日休んで、火曜日から読み始めて木曜日の帰りの途中で読み終わってしまいました。今はすごく淋しくなってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/03 09:47
「山口さんの差し入れ」について
「山口さんの差し入れ」について 山口さんの差し入れたメロンの「ショートケーキ」って一体どこのなんでしょう? 探してみたくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/08/01 09:46
読み始めた本
AMAZONで注文していた本がやっと届きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 13:34
「菊五郎の色気」
23日に歌舞伎を観ようと思い、ちょうど出版された新書「菊五郎の色気」を読むことに・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/25 10:04
「らくらく読める源氏物語」
谷崎訳・円地訳・瀬戸内訳の源氏物語の完全読破ができない私にとってダイジェスト本で こんなに流れがわかりやすいものはありませんでした。 風俗や言葉の解説など飽きずに読めて、アウトラインではありますが、このあと読んでいこうかなぁという気分にさせてくれるものでした。らくらく読める源氏物語 モラタメのカレーの日「20日」 スープカレーなど新製品が発売されるとのこと。 新製品には目がない自分にとっていつも新鮮な話題でいっぱいなモラタメは今一番HOTです。 モラタメから一度も当たったことがないの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/20 09:36
気分を落ち着かせる本と切り干し大根
「ダビンチ・コート」を読んでから、キリスト教の初歩的な本を手に取ることがあります。 そんななかで、「放蕩息子の帰郷」は現代人の心のつかれをとるのに良いように思われます。 画家レンブラントが描いた「放蕩息子の帰郷」とこのモチーフとなった新約聖書の「ルカによる福音」の15章11節から32節までの有名なたとえ話を、作家自身の経験から語られるものです。 聖書に造詣がなくとも、聖書の部分が文章の中に記載されています。 心の持ち様と考え方がうまく書かれて、深く考えさせられるものとなっています。 梅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/12 13:12
ハリーポッター!!
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/04 09:51
ゆっくり始めます。
初めまして。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/02 10:44

トップへ | みんなの「本」ブログ

http://sometimessada.blog51.fc2.com/
ゆっくり、CARUMI 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる