ゆっくり、CARUMI

アクセスカウンタ

zoom RSS 第一回目ゾメタ

<<   作成日時 : 2014/10/09 09:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

10月3日の診療で初めてのゾメタの点滴

が始まりました

この日は採血と骨シンチの検査と診療後に

ゾメタの点滴が予定されていました

右胸全摘の私には左腕からの採血になります

左腕でも血管が細くなってしまい、

採血等は左手の甲からになっています

この日甲から針を入れないと骨シンチの造影剤を入れてくれた先生も断念してやはり甲からに

それほど血管がない甲は止血のパッチで
可愛く飾らないています

骨シンチを3時間待って撮影を終了して
普段では考えられないほどゆっくりとお昼ご飯を食べました

乳腺の主治医の診療を待って
診察室へ入ると半袖のTシャツを着ているのかと勘違い

これも診察服と

言われてしまいました

この日ゾメタを受けるために骨シンチを受け、

右足に外反母趾があるの?

なんて主治医から言われてしまいました

この後身体の痛みをとるための放射線治療のことを尋ねました

痛みをとるのに、医療用麻薬を母が使いたくないと言って、先の診察の時主治医とケンケンゴウゴウになりました
その時に提案されたのがストロンチウム89の治療でした

このことを主治医に確認すると
放射線科の先生に診察を受けて見てほしいと言われました

こうなったら診察料が増えてしまうことに戸惑いながらも勧められた放射線科へ

でも気持ちはまだまだ帰れなくなると寂しく思いました

だってゾメタの点滴もまだなのに

放射線科へ行くと3年前に放射線治療を受けたころを思い出しました

放射線科の先生は誠実な感じで
骨に転移があっても3年前に照射されているので、今回は放射線治療の照射は出来ないので、ストロンチウム89をすることは出来るらしい

でもとりあえずまた採血をして
ようやくゾメタの点滴へ行くことに

この病院での点滴は初めて
患者ごとに担当のナースさんがいて
実に親身になって話してくれて、
安心して30分の点滴でした

しかしゾメタも抗がん剤治療のような副作用にかなり落ちこみました
今まで出たことのない発熱39℃
どんよりと重い咳 
眠れない体の痛み

熱が下がっても37℃を超える微熱状態が続いて気持ちがスッキリしません

あぁ少しでも楽になりたい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://sometimessada.blog51.fc2.com/
第一回目ゾメタ ゆっくり、CARUMI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる