ゆっくり、CARUMI

アクセスカウンタ

zoom RSS スペイン旅行〜その5 セビリア〜ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ〜アルヘシラス

<<   作成日時 : 2012/07/13 15:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

南へ行くにつれて暑くなってきています

さらに南へ今日の宿泊地はアルヘシラス

もうアフリカに近いところです


セビリアを早く出発して

ヘレス・デ・ラ・フロンテーラでは近いところで3カ所


一つ目は

王立アンダルシア馬術学校です

ここは19世紀 貴族の館でガルニエに邸宅を頼んだそうです

そのため庭・屋敷がとても美しいです

画像


画像


画像


画像


屋根の上ではコウノトリが巣作り中・・

画像


何頭もの馬が交替でトレーニングに行きます

この学校の先生とお馬さんがロンドンオリンピックに出場とのこと

この学校の入学試験はとても難しくて

16歳から24歳まで受験可能 毎年6人の合格者 競争率10倍

画像


画像


トレーニング風景です オレンジ色の花木はランタナ

画像


競技用の馬も居ますが、牛追いの馬もいます

画像


画像


右の建物 カテドラル

左の像・シェリー醸造所 ゴンザレス・ビアス社の創業者


次にカテドラル内部に

画像


14世紀に作られた ビガのキリスト像(この像も危険なときは屋根裏に隠して守ったそうです)

カテドラル内部は撮影可能なのですが

1カ所 画家スルバランの「瞑想するマリア」という名画があります

その絵はまだ幼いマリア様が手に聖書をもって瞑想している姿です

その姿はとてもかわいらしく、もしこの教会でカードをつくっていたら常に人気になるはずです

この絵がとても好きになって、一気にスルバランのファンになってしまいました

つい画集まで購入しましたが(帰国後)この絵画は掲載されていません

母の友人がいっておられた

「その場所に行って観るしかないのよ」

この意味がはっきりとわかりました

この絵は心の中にズ〜ととどめておこうと思います


3カ所目のゴンザレス・ビアス社へ行きます

画像


白い壁と赤い花(ゼラニウム)がきれいですよね

画像


各国へ輸出するためのボトル・・気温が高いためでしょうか樽から蒸発してお酒の香りがいいです

画像


中庭の木陰がやはりうれしいです

日差しは痛いほどですが、木陰では涼しい風が吹いています

画像


広い場所があるので、披露宴・パーティーが開かれるためのスペースです

画像


ここを訪れる有名な方には樽に署名や絵を描いてもらうそうです・・ピカソ

画像


ジャン・コクトー

画像


スピルバーグ

画像


お酒好きな日本の皇太子様のものもあります

画像


この場所にシェリーをおいていたところ

ねずみが飲んでいたそうで

もう何年もこのようにしているんだそうです


席について試飲・お昼ご飯を食べましたが

荷物の関係でシェリー酒を買いませんでした

でもこれは後悔ですね

画像


この社の代表的なブランド ティオ・ペペ

この3カ所を回って

アルヘシラスのホテルへ向かいます

写真で撮れなかったのですが(バスの中で爆睡)

このアルヘシラスはもう英領ジブラルタルが目の前

スペインのバスではジブラルタルへは行けないそうです

領土問題はどこでも難し〜いですね

あぁ〜アフリカが近いんだ〜って実感します


それにしても南・・・暑すぎます



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ステキな画像沢山ありがとう!
あのアンダルシアの暑い陽射しが感じられます。
むか〜し、自分のバカンスで船でモロッコに
渡ったことがあります。
アフリカとスペインって、ホント、近い。
キリスト教と回教が融合した様々な
痕跡もまたスペインの興味深いところですよね。
yannchan
2012/07/14 21:17
今、暑っ〜い日本ですが、それよりも暑いスペインの旅。アフリカが近いって、これまでと違ったワクワク感を感じますね!
馬術学校、素晴らしい造りですね☆受験するレベルになるまでも相当の努力が必要でしょうから、実際の倍率よりも狭き門なのでしょうね(>_<)
学費…も凄そうです(^_^;)

画集にもあえて載せていないって、やはり見る価値ありますね!その場所で、その空気を感じて鑑賞するからこそ☆なのでしょう^^♪

シェリーの香るレストラン♪きっとお料理も美味しいと思います。皇太子様の肉筆、穏やかな人柄があらわれていますね〜。

南に向かってきた旅路…次はどちらに向かうか楽しみです^^♪♪
はち
2012/07/17 10:49
>yannchan・さん
アンダルシアの日差しが痛い〜〜
でも澄み切った青空がとっても気持ちいいですね
スペインの文化の深さに気持ち揺さぶられます
carumi
2012/07/17 15:00
>はち・さん
馬術学校はほとんど費用がかからないそうです。
合格者も少ないこともあって、全員きちんと就職できるとのこと。
カテドラルのスルバランの絵はとってもかわいいんです。そのかわいい絵を絵はがきにもしないなんて!
本当に残念でした。
シェリー酒もおいしかったです。中では試飲もできて、お食事も美味しく頂きました。
お酒を買わなかったことが何にもつけ、失敗でしたね。
南下しましたが、これから北上します
carumi
2012/07/17 15:13
年間6人しか入学できないなんて、狭き門ですね!!
オリンピックでは馬術の中継があまりないように思われるのですが(日本が活躍していないからでしょうか☆)、スペインをちょっと応援したくなられたでしょうか^^

危険が迫ったときは、マリア様やキリスト様をちゃんと避難させるのですね。日本の戦時中も仏像等をきっと避難させたのだろうなと思いました。

ねずみがちゅーちゅーとシェリー酒を飲んでいるなんて、かわいいですね^^
あかり
2012/07/18 11:41
>あかり・さん
馬術学校はとてもきれいに整備されていて、道具を作るところ、訓練をするところなど見所たくさんでした。ロンドンオリンピックに出場される方が練習しておられて、身近に五輪を感じました。
スペインの内乱のときは宗教といえども破壊されそうになったんだとびっくりです。日本の戦時中と同じですね。
ねずみがシェリー酒を飲んでいる写真も飾られて今したよ
carumi
2012/07/18 13:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://sometimessada.blog51.fc2.com/
スペイン旅行〜その5 セビリア〜ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ〜アルヘシラス ゆっくり、CARUMI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる