ゆっくり、CARUMI

アクセスカウンタ

zoom RSS 検査日・・夜のNHK「あしたをつかめ・・乳腺外科医」

<<   作成日時 : 2012/01/27 10:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

昨日は関東でも最高温度が6度にしかならない寒い日

いつもよりも1時間ほど遅く家を出て

病院へ向かいました

途中富士山の雪をかぶった姿を見て

気持ちに元気をもらって9時少し前に病院へ入りました


寒いせいかいつもよりもロビーの人は少なめ

レントゲンの受付に急ぎます

9時30分からCTの検査

受付の方から先の人が行っているので採血を一番にするように言われました


採血・・・あぁ〜とにかくこのところ一番嫌いな検査

ポケットベルがなって採血室で待っていると

今日は若い〜お兄さんの看護師さん

気持ち心配がよぎります

左の甲でお願いします

しかし甲の血管も今日の寒さで縮こまっているためか

彼は心配で右の腕・・さらに右の甲の血管をチェック

どれも採れそうもない様子

しばらく温めて右の甲へ針を入れましたが

うまく採れない様子

手を温めて再度他の方に替わりました

名前を呼ばれたとき

思わずホっ

この採血室の大ベテランの方でした

彼女はまず左腕、左の甲を見て

腕のところから十分採れますよ

これからは私を採血の時は指名して下さい

甲から採るのは最終段階ですから

もう泣きそうでした

彼女の自信、彼女の言葉でどれだけの安心をもらったかしれません

これからは彼女を指名しちゃうぞ!!


そのあとのCTもスムーズ

マンモグラフィーは花柄のかわいいケープのようなものを

素肌につけて検査です

このケープ胸のところがあいていて右左がのれんのようになっているので

私の場合 左のほうを肩に掛けて撮影です

ちょっとめまいと貧血で気分が悪くなりましたがどうにか検査を終えて

2時間ほどで終わりました

早く終わったので整形外科でリハビリをして家に帰りました


昨日の夜 NHKで7時25分から

あしたをつかめ

職業について紹介の番組があります

ちょうど乳腺外科医についてでした

レポートされるのは女性の若い乳腺外科医

日常の診察・勉強・プライベートなど

彼女の診察の時にいい言葉

がんばるのはわたしたちですから

そんな言葉 主治医から言われたことないなあ・・・

また画像診断について先輩医師に相談したり

早朝のカンファレンス

手術の説明・・・このときベテラン医師2人とこの若い医師 3名で手術について話していました

彼女が手術のとき、傷口を縫う練習を鶏肉を使っていたのをみたとき

あぁ〜こうして縫っているんだぁ・・

また手術のときに密着していて 

患者さんから癌を取り除くまで手術が始まってから1時間

その後彼女が縫合していてその姿にも感心しました

今まであくまでも手術を受けている状態をわかりませんでしたが

この番組でその一端が分かったことは大きかったです

また医師・病院によって患者さんとの関係・対応に違いがあることも

再認識

これからも主治医と良好な関係を続けて行ければと思うのでした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりの病院検査、お疲れ様でした。
これからは、指名することで採血時に少しでも気持ちが軽くなりますね^^
マンモブラフィ検査時のケープ!素晴らしい心遣いです☆
これ、絶対に他の病院での検査室にも置いてもらいたいです!!こういうチョッとしたことで検査を受ける人のストレスが軽減できると思います。

「あしたをつかめ」再放送なのか、たま〜にタイミングで観られることがあります。大人は勿論、子供達に観せたい番組です♪
若い女性の医師、キラキラ輝いている様子が目に浮かびます。
はち
2012/01/27 11:31
一日がかりの検査、お疲れ様でした。
今回は前回よりは気分は大丈夫だったようで、良かったです。
看護師さんの心強い言葉は、とても安心しますね!
不安は少しでもぬぐってもらえるなら、うれしいですもの。

「がんばるのは私たち」という医師の言葉は、医師の皆さんにそうであって欲しいな、と思いました。
ベテランだからとか、単なる仕事として淡々とされるより、仕事だからこそ、そうした意欲とプライドを持って対応していただきたいと思います。
なんちゃって^^
あかり
2012/01/27 11:45
>はち・さん
看護師さんを指名して採血を受けることが出来るなんて・・でもとっても安心しました。
マンモのケープはとってもウレシイです。傷口を腕で覆うしかないので、この心遣いには◎です。
「あすをつかめ」での女医さんの奮闘ぶりに、患者としてもこんな風にお医者さんががんぱっているんだと分かってとても親近感を覚えました
carumi
2012/01/27 13:27
>あかり・さん
9月の検査の時のことを思ったら、とても軽くで良かったです。気分的にも落ち込みがちですが、すんなり終わってホットしました。
「がんばるのは私たち」この言葉、心にしみました。
こういう姿勢でいてほしいです。私の主治医は絶対言わないなぁ〜。でももう少し優しい言葉が欲しいです。
carumi
2012/01/27 13:30
はじめまして。
検査お疲れさまでした。
私もNHKの番組見ました。
女医さんのお母さんが乳癌だったそうで、
それがきっかけで乳腺外科医を目指したんですよね。
「患者の家族」と言う視点があるからこそ、
優しい言葉をかけてくださるんだと思いました。
私も同じ言葉に涙腺緩みました。
患者の不安な気持ちを分かってくれている、と言う安心感。
10年間という長い期間なので、
主治医と良好な関係、作っていきたいですよね。
りん
2012/01/27 15:34
>りん・さん
初めまして。コメントありがとうございます。
無事に検査が終わってホッとしています。
「患者の家族」・・その視線ですね。女医さんのやさしい言葉にほろっとしましたもの。外来と外来との間でいつも不安にさいなまれている私です。
10年間・・私にとっても残り9年、長い時間ですよね。病気と主治医と良い関係でありたいと切に思います。
carumi
2012/01/27 16:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://sometimessada.blog51.fc2.com/
検査日・・夜のNHK「あしたをつかめ・・乳腺外科医」 ゆっくり、CARUMI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる