ゆっくり、CARUMI

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK「使命と魂のリミット」

<<   作成日時 : 2011/11/15 13:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

前後編の2回の放送だったけど

後編の手術シーンにはびっくりすることがいっぱいでした


ストーリーは・・・・・

主人公・研修医の夕紀(石原さとみ)は心臓外科医・西園(舘ひろし)のもとで

働いている

西園は夕紀の母(高島礼子)との再婚話が持ち上がっていて心境は複雑だ

夕紀の気持ちを複雑にしているのは

11年前 西園の執刀のもと、警察官だった父親が手術中に亡くなっているからだった

そんな母親の気持ちを理解できないでいたのだった


夕紀が研修をしている病院に脅迫文が届いた

医療ミスを公開しなければ

病院を破壊する


病院側はなかなか医療ミスについて警察に対しても情報を与えないでいた

そのさなか

病院の中で爆発が起こり 

その騒ぎで入院患者が転院を始める


この病院には大企業の社長 島原(中尾彬)が入院していた

西園の執刀を期待して転院するつもりはないようだ


病院側もこの爆発事件によって警察には問題になっている事案をいくつか示し

刑事たちも調べ始める


調査に当たっていた刑事から父親が未成年の少年を追跡しているときに

死亡させた事件を起こしたことを聞く

その事件によって警察をやめたらしい。

その未成年の少年の父親こそが西園だったというのだ

西園と父親はそのことを踏まえた上で

手術をお願いしたことを知る


西園から島原の心臓手術の助手になることを言い渡された夕紀

いよいよ島原の手術が西園執刀のもと始まる

この手術こそが脅迫犯の目的だった

手術が始まって幾分かたったのち

病院では電源が落ちる等様々なパニックに見舞われる

電源が落ちる中

実に冷静に手術を続ける西園

大変な手術をようやく成し遂げ

刑事たちの地道な捜査によって

病院の大惨事を招くことなく

脅迫犯は自首する


後半のドラマのメインは

困難の状況下の手術の場面だ

声を荒げるでもなく

着実に手術を進める姿

決して諦めない姿に


感動すら覚えた

機械が動かない中

人工心臓から自力で心臓を動かすために

手を温めて

心臓を動かそうとする西園


また多くの機材が電源を失って使えなくなっている中

周りのスタッフたちの

賢明なバックアップ 

手動で機械を動かしたり

冷やすために氷をつかったり

今度は暖めるために使い捨てカイロをつかったり

実際の手術を目の前で観ているような錯覚さえ感じた


自分も今年の初め手術を受けて

このドラマを観たら

主治医には頭が下がる思いだ

この主治医に3.11の日のことを聞いたことがある

自分の主治医は手術中だったそうだ

患者さんは眠っているから

自分たちはそのなかでかなり大変だった

というのを思い出していた










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
複雑な人間関係のあるドラマでしたね!
緊張に次ぐ緊張の連続シーンが頭に浮かびます。

父親が手術中に死亡した要因は実際のところ、どうだったのか…ドラマを観ていないので気になりました><;

主治医の先生もきっと、同様に冷静に努めたことと思います。そういうときこそ、医師というか人間の真の姿が見えるような気がします☆
はち
2011/11/15 16:11
>はち・さん
ドラマなのに手術シーンでは緊張感でこちらのほうがどうにかなりそうでした。
お医者さんの献身的な姿に感動でした。
carumi
2011/11/16 09:03
盛り沢山の内容が詰まったドラマですね!!
電気がない状態は普通の生活でもかなり支障があるのに、命のかかった手術では、尚更なはず。
人間ドラマも、手に汗握る迫力あるシーンも、見所満載でしたね!
あかり
2011/11/17 15:12
>あかり・さん
見所いっぱいでした。
ドラマなのに現実味を帯びていてびっくりでした。
舘ひろしさん演じる医師の姿に感動でした
carumi
2011/11/17 15:58
最近医療系のドラマ多いみたいですね。
手術を受けるまでは、手術シーンなんて
まるで別世界のことと思っていたけれど、
今では現実味がありますよね。
CURUMIさんの主治医の先生、3.11は手術中だったんですか。そんな中でも冷静なお姿、素敵じゃないですか〜。
池のうさぎ
2011/11/17 22:04
>池のうさぎ・さん
自分が手術を受けたので身近に感じられましたよね。
自分の主治医は結構普段怒りっぽいのです。
でも「先生のことですから、クールでおられたんでしょうね。」って。かなりよいしょしちゃいました。
carumi
2011/11/18 09:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://sometimessada.blog51.fc2.com/
NHK「使命と魂のリミット」 ゆっくり、CARUMI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる