ゆっくり、CARUMI

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射線治療へまず一歩

<<   作成日時 : 2011/09/22 13:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

昨日は台風が関東へ近づいて来ていました

放射線治療は今までの病院から別の病院へ

この病院は3回目

一度目は高校生の時に皮膚科に

2度目は親知らずを抜くために口腔外科に入院

3度目は放射線治療

なんだかだんだん重くなっているかも?!


2度目に行ってから10年近くたっていて

以前は薄暗いイメージがあったのに

明るくシステマチックに変貌していた


病院ごとのお約束には本当に慣れないです

私がお世話になる放射線科は地下2階

受付を済まして本を読みふけっていると

すご〜く若い先生が

「○○病院からご紹介の△△さんですか?」

いきなり声を掛けられて

受付で預けたはずのCD−ROMがなかったらしい

受付で厳格に書類一切をお預けした旨の一筆をとられていたので

そのことを伝えるとようやく分かってもらえて


予約時間の10時を過ぎて10時40分ごろ

名前を呼ばれました

診察室に入るとやっぱり先ほどの若〜い先生でした

心配になるより前に

とても誠実な感じ とっても話しやすい

第一 怖くない

今回放射線治療を受けるに当たっての私の状態 

そのことからこのような治療を受けてメリット 

また起こりうるであろうデメリット

今心配されている放射能について実に丁寧に

一般ピープルにもわかりやすく話してくれました

合間合間に質問を入れても 腰を折られたって感じがなくて

かなりの時間をさいてゆっくり話してくれました

また今自分の状態で心配な痛みについて

ペインクリニックを受けたいことを話しても

このような状態から痛みが続いているということについてさらに説明してくれました


新しい科にいくことで不安だった私の気持ちはここでかなり楽になりました

今日は診察をして

さらに来週から始まる放射線治療のための仮の位置決めを

CTを使ってするとのこと

ここまでで1時間くらい

主治医のいる病院ではあり得ない

病院の体制ってずいぶん差がありますね〜〜


午後からCTの位置決めをするとのことでお昼をはさむことになりましたが

この若いドクターから

「腹8分目っているよりも5分くらいにしてください

胃が大きくなって位置に変化がでるので」

たぶんがっつり食べると思われたのでしょう

こうなるとご飯をどこで食べるのかも問題

どこに何があるのかが全く分からず

うろうろしながら行くとレストランが2つと喫茶店を発見

実に軽めに食事をして午後の検査時間まで時間をつぶして

再度地下2階まで行くと

先ほどの若いドクターもふらふらどこからか帰ってこられた様子

こうなるとちゃんとお昼休みとれているんだ〜って思って

主治医はお昼休みすらとれないんだから大変だって思ったり


CTで仮の位置決めをするために処置室に入ると

上半身だけ着替えてくださいと指示

着替えて部屋に入ると

IDに顔写真をつけるのでといわれて

さらに放射線治療のためにウィッグが変わると頭の厚みが変わるから

ダメと言われてしまいました

今日は休みのためセミロングのウィッグで来てしまった

え〜

ナースさんからは 

ウィッグを替えるのならもう覚悟するしかないですよ

仕方なくウィッグをとって顔写真をとることに

とった坊主頭に名前を書いた紙を胸元に持っての撮影

アメリカの犯人の写真みたい


ナースさんがすかさず

皆さんそう言われますよね

ウィッグをとったとき

あの若いドクターがいきなり振り返って

私の坊主頭にチェックを入れてました

もう悲しい


そうです、主治医にすら坊主頭は見せていないのに〜〜〜


仮の位置決めをするために台の上で両手を組んだとき

右側の腕は下まで下げられず

腕の下にクッションを入れてもらって

いよいよ位置決めです


ここで発見 

この病院のマーカーは

赤のマジックだったのです


若いドクターが赤いマジックでマーキングしながら

技師さんたちが両脇に蛍光色のオレンジのシールでマーキング

画像


さらに胸の中央にも丸いマークをシールでマーキング


マーキングが終わって台から頭を上げると

起立性貧血(たちくらみ)に襲われてしまいました

ナースさんが

初めてのところで緊張したのよね〜(あぁ〜子供だ、私)


それからのち

このマーキングをお風呂で落とさないようにと厳命されました


ようやく今日の作業は終わって

台風まっただ中に家へと帰りました



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
放射線治療、いよいよ開始なのですね。
日々是修行!(笑)連続通院、頑張りましょう。
私も顔写真撮られたけれどウイッグのことは
言われなかったな〜ホント、病院いよって
それぞれですね。赤マジックも。
話しやすい先生で良かったですね。
私も放治の先生、看護師さん、話しやすくて
好きでした。技師の方はわりと物静かな方
だったけれど、
日々いろいろ質問なげかけてみたら
ちょこっとづつ話してくれるようになりました。
医療関係者といいコミュニケーションとれると
ふっと安心しますよね。
次回からはリラックスして良い治療を!
yannchan
2011/09/23 13:54
>yannchan・さん
連続通院、がんばります。
ウィッグのこと言われなかったですね。
赤いマジックにシール・・びっくりでした。
でも話しやすい先生に内心安心しました。
治療途中で心配なことがあっても相談できるって思うと心配事が1つ減っていく感じです。
病院の方々とよいコミュニケーションを取れるとそれだけでも心の支えになりますね。
carumi
2011/09/24 15:49
久しぶりに通うことになった病院、様子が昔と変わっていて緊張したでしょうね。
「怖くない」って一番心強いことですね。
これからの治療を任せる医師の第一印象はとても重要な意味がありますよね。
色々な不安は絶えないと思いますが、人として信頼できるスタッフの方々となら、きっと乗り越えていけると信じています☆

新しいスタート、ですね。応援しています^^!
はち
2011/09/26 13:33
>はち・さん
もう緊張しっぱなしでした。
放射線の先生がとても話しやすいので内心安心しました。これからもいろいろ話せそうです。
carumi
2011/09/27 09:10
あのすごい台風の中、お疲れ様でした!
大変な気候なのに、更に新しい病院、治療、お気持ちも疲れたのではないでしょうか☆
そんなときは思いっきりご自分に甘いことをなさってくださいね^^
放射線治療の先生は、とても丁寧で親切ですね^^
そうなると、安心しますよね!
これからしばらく、がんばってくださいね☆
あかり
2011/09/27 14:10
>あかり・さん
病院が済むまであまり気になっていなかったでした。帰るときになってどうしようって不安になりました。担当の先生には正直安心しました。
若い先生ですけど、何でも質問できるのがうれしかったです。なんとかがんばろうって思っています。
carumi
2011/09/28 09:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://sometimessada.blog51.fc2.com/
放射線治療へまず一歩 ゆっくり、CARUMI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる