ゆっくり、CARUMI

アクセスカウンタ

zoom RSS 6週間ぶりの外来

<<   作成日時 : 2011/08/05 14:56   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

この6週間

痛みがまだ残っていて

このことを第一番に主治医に訴えなければ

と思うものの、予約時間が中途半端な11時


家族も友人と遊びに行っていて

のんびりと家で遊んでいて

いつもと違うバスに乗って病院へ行こうと思い立つ


このバス・・いつも遅れていいるのが通例だけど

それも自分の気持ちが緩んでいるせいか

それほど慌てない


遅れたバスに乗って病院へは10時25分

それから15分ほどして採血室へ呼ばれる

不思議とナースさんがとっても優しい

右を手術しているので血圧も採血もすべて左腕

でも抗がん剤治療で血管がどれも細くなっているせいか

ナースさんも悩んでいる

「右側手術したので」と胸のあたり手をやると

「私も3か月前に乳がんの手術したのよ」って・・・


実際の診察はもう1時を過ぎようとしていた

案の定、主治医はお昼をゆっくり食べる時間もないまま午前中の診察をしていて

かなり状況が悪い


私は主治医も行っている病院で健康診断を受けたので

まずその結果を主治医に見てもらうことから・・・

「僕は結果をみることができないからね。・・・まず合格。でも運動をしないとダメだね」

ここで懸案の痛みについて話したら

ファ〜空気が急に固まりだした・・・・


自分が痛みに弱いことをはっきりといったら

「同じ手術をしてもこんなに痛みがあって、痛み止めを飲む人いないんだけど」

そういうと「お胸見せてくれる!!」と厳しく言い放って


自分の方にきちんと向くように強く言われてしまった

「胸元が引き連れて、脇が痛くて(主治医が触っても痛くて)・・・」

「それは・・違和感なんだと思う。徐々に痛みが引いていくから・・」

「がまんするしかないんですか」

「がまんというか、違和感だからね。痛み止めもあまり飲まないで自分でコントロールするしかないよ」

嫌々1ヶ月分のモービックを出してくれました


タスオミンをまた服用しだしたため、ホットフラッシュが再び起きていて

当帰芍薬散をお願いします」っていったら

「前苦いから嫌だっていってなかった?!」


「でも当帰でいいです」(少し飲み残していたのを飲んだら体にしっくりしたので・・)

「ちゃんと3か月飲むの?」

「はい」って元気よく言ってみました


次の外来は3か月後の10月末・・・

その間、骨シンチの検査と放射線治療が始まっているはず・・

なんだかそれなのに良い感じに主治医を話せなかったのが解せなくて

ひどく落ち込んでいます




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。通院お疲れ様でした。先生達がおっしゃる「違和感」と私たちの感じる痛みはどう違うんでしょうね。私も気になることがいくつかあって来週月曜の診察でどう話そうか、上手く伝えられるのかテンション下がっています。カルミーさん先生のおっしゃるように早く違和感に慣れてコントロールできるように慣れればいいのですが…早く薬が効いて痛みもホットフラッシュもコントロールできるようになりますように。
みんく
2011/08/05 16:04
こんにちわ^^
通院お疲れ様でした。 腰の痛みのほうはどうですか?
自分が先生に伝えたいことと 先生がどういう風にとるかは微妙ですよね::
コントロールできるようになるのは 言われてみればその通りなんですが、その前に痛みがあるのでそこまでまだ辿りつけてない 言葉って難しいですよね

次の外来までどうしても痛みつらいようなら病院へ電話して 一度見てもらうのも一つの手段だと思います
痛みのストレスは 体によくありませんから

私だったら(生意気な言い方かもしれませんけど)
コントロールするのはもちろんわかっていますが
その前に痛みが邪魔して・・・少しでもいいから
この痛み和らげる方法があるのなら 試してみたいんですけど  とか 痛み止めがあるのなら最初飲んで
コントロールできるようになってきたら痛み止めやめていこうと思ってますとか
この方法ではだめしょうとか?
いろいろ聞いてみてはどうでしょうか?

私結構先生に思ったことなんでも聞いてしまうので:: でも聞くとなんかしら対処方法が聞けるような期がするんですよ
カルミーさんもがんばってくださいね^^
痛みが早く和らぎますように〜
ここ美
2011/08/06 09:40
>みんく・さん
「違和感」・・言われたときにどういう感じか、きちんと聞けばよかったんですが、ひるんでしまいました。家に帰ってきてから家族にその点を突っ込まれました。痛みを我慢して出来るだけ鎮痛剤を飲まないようにしていますが、やっぱり日曜日痛くて飲みました。下着がドレーンの跡や、肋骨のところに当たって痛くなっているのも考えて、ユルユルの下着に替えてみようと思っています。
腰痛はこのところ漢方が効いているせいか、ずいぶん楽になってきました。
もうすこし、主治医の攻撃に負けないように気持ちを強くしなければって思っています。
carumi
2011/08/08 11:46
>ここ美・さん
腰痛は漢方が効き出したようで、ずいぶん楽になっています。
痛みについて主治医に説明することの難しさを感じてます。主治医に食い下がって痛み止めを出してもらいましたが、もしも痛かったら外来前にやっぱり診察を受けて痛み止めをもらおうと思っています。
とりあえず、痛み・・違和感と思って、自分の出来ることをしてみようかとも思っているんです。
下着の中に入れるパッドをシリコンのものから軽いものに替えたり、胸元の引き連れない下着に替えたりしてみています。
ついマイナス思考になりがちなので、少し元気を出せることに気持ちを替えなければって思い直しているところです。
carumi
2011/08/08 11:53
先生、時間も押せ押せで、お腹も空くし、機嫌があまり良くなかったのでしょうか。。
とはいえ、きちんと向き合ってほしいですよね。
症状を伝えるって難しいですね><
でも、carumiさん一生懸命伝えていらっしゃいますね!
これからも、不安なことや不明なことなど、どんどん積極的に質問されて、よりよく快適に過ごせますように☆
あかり
2011/08/08 14:52
私も、要点メモしてというか
ワードで打って(笑)A4のペーパー持参なのに
あれ聞き忘れた、これ言えなかったってことあります。
的確に自分の症状を伝え、医師にも理解してもらい
適切な処方とともに、ねぎらいというか癒しになる
言葉ももらいたいですよねー。

ここにも、ひと一倍痛い患者いますので
分かります〜(::)
yannchan
2011/08/08 20:50
>あかり・さん
私もすぐに凹まずに、積極的に聞きたいことをしっかりと聞いていかなければって思い直しました。
もっと攻める気持ちでがんばります
carumi
2011/08/09 10:10
>yannchan・さん
そうなんですよね、適切な処方とねぎらい・癒やし
の言葉・・私もすごくほしいなぁ〜って思います。
絶対私の主治医は言わないと思うけれど「よくがんばったよね」とか言ってほしいですよね
carumi
2011/08/09 10:13
長時間かかりの外来、お疲れ様でした。
痛みの感じ方は個人差がとてもあると思うので、違和感…といえば違和感ですが、それが苦痛を伴うと違和感を超えて痛みと感じてしまうと思います。
痛みと共生していきつつ、段々と緩和していけたら良いのですが、精神的に参ってしまわないように正直に話されたcarumiさん、偉かったと思います。

次の外来受診まで随分とあきますが、不安要素はいち早く取り除くべく電話なりして乗り切ってくださいね!
お大事にしてください☆
はち
2011/08/11 10:47
>はち・さん
正直に痛みについて伝えようとおもったのですが、
私の話し方がマズイのかもしれません。
次の外来まで時間が空いてしまいますが、具合が悪いときはそのことを言おうと思っています。
carumi
2011/08/11 13:46
痛みはグラフにも表れないし、他人には正確には伝わりませんね。
私も術後(お腹)に痛みで本当に滅入ってしまいました、何年もかかりました、今でも後遺症は抱えていますが、当時は山登りに復帰出来るなんて思ってもみなかったです。
それまで何年かかったことか。
乗り切れますとも!暑さに負けませぬようにね。
soreiyu
2011/08/11 16:42
>soreiyu・さん
ありがとうございました。私自身焦りすぎているんですね。もっと気持ちを大きく持たないとダメですね。乗り切ろう・・その思いでがんばってみます
carumi
2011/08/12 09:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://sometimessada.blog51.fc2.com/
6週間ぶりの外来 ゆっくり、CARUMI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる