ゆっくり、CARUMI

アクセスカウンタ

zoom RSS 緩和ケア

<<   作成日時 : 2011/07/06 16:26   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

乳がんの手術を受けて5ヶ月

右側の腕 胸元 背中の痛みがまだ続いている

2日ばかり痛み止めをなしに過ごしていたら

今朝からどうしようもない痛みに襲われて

気持ちがパニックになってきてしまった

実は昨夜のNHKのEテレでやっていた

日本のがん治療について「緩和ケア」の番組を観て

痛みに耐えなくてもいいんだっていうことを認識

番組に出ておられた方が

乳がん手術後の痛みが強くて日常生活にも支障をきたしていたけれど

緩和ケアを受けることによって

傷みから解放されて

生活をまた元のように回復されたとか

また専門医も生存期間が3か月延びるとか


つい主治医から「痛みに弱い」って言われて

痛みについて言うことがなんとなくはばかられる感じでいたけれど

もう少し正直に話してもいいのかなぁ〜

そんな気持ちになってきました


けれどもう手元にある痛み止めは数日分のみ

そうなると仕事をしていてもちょっとパニックになってきて

次の外来まで4週間

とっても持ちこたえることが出来そうもないし・・・・


明日は主治医が外来で病院にいる日

とりあえず電話だけしてみてもいいのかなぁ〜

患者としてのQOLを高めて生活するには

正当な理由ではあるんだけど

主治医がどんな考えなのか???

病院には緩和ケアチームはあるみたいだけど

あぁ〜主治医の考え一つになりそうな???


緩和ケア・・・やっぱり末期の方に適応されることなのだろうか??

知らないって困りもの?!





がん疼痛緩和ケアQ&A?効果的な薬物治療・QOLの向上をめざして
じほう
加賀谷 肇

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by がん疼痛緩和ケアQ&A?効果的な薬物治療・QOLの向上をめざして の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
術後数ヶ月経ってもまだ痛み止めを服用しないといけないのは辛いですね。また、そういうものだと初めて知りました。
私も自他共に認める痛みに弱い派ですが、気持ちの持ちようでどうにかなる程度と、どうにも日常生活に支障をきたす場合と、対処の仕方は違ってくると思います。
ましてや通勤して一日の大半を自宅外で過ごすCARUMIさんは、無理せず緩和することで治療を続けていく前向きな気持ちを維持して欲しいと、私は思います。
勿論、専門的な知識も経験も全くなく無知ですが、自分の家族にもそうであって欲しいと思っています。
はち
2011/07/07 10:43
>はち・さん
痛みがずっと続いていて、結構辛くなっていました。
主治医からの「痛みに弱いね」の言葉でとても悩んでいました。いつもどおりに生活を送ることが出来ればと考えました。今日病院に痛み止めのことで電話をしたら
主治医は学会に出席でいないとか。結局市販薬で痛みを止めてもいいといわれて、少し安心しました。
ナースさんたちに「緩和ケア」について少し話したら、どうもニュアンス的に違っているみたい。医療のことは難しいですね
carumi
2011/07/07 11:30
カルミーさん、こんばんは!

コメント頂きありがとうございました(^^)/

私も〇銃士は、何回か行く予定です!
山〇さんファンの〇イ〇ッチ現場も
よく目撃しましたよ〜
(私も劇場好き♪←あらゆる場所が・笑)
(私は、〇銃士のキャスト的には、
某〇孝さんのファンです。

いやいや、そこじゃなくてー本題〜
ただいま、治療の記事読ませて頂きました。
私も、痛みとの戦いが腫瘍のあるときも、
オペで摘出後もずっと続いているので、
凄く分かります。
痛み止めがことごとく効きません。
術後、4回痛み止めの点滴入れましたが、
効かなかったの〜。
血管がつぶれただけで、
もう、針抜いてくださいとお願いしたり・・・

緩和ケアは、以前は、末期医療のイメージでしたが
そういうことでもなく、患者の疼痛を和らげることを
考えてくれるところのようです。

化学療法も大変でしたね〜。
放射線治療も、そう楽はさせてくれませんが
(ある程度動くようになった術側の腕が
また、照射による皮膚の引きつれで辛くなったり)
可能な治療はしっかりやっていきましょう!

ツンデレ?(いやデレデレはしてくれないが??)
な主治医の悩みもおんなじ〜!かも。

yannchan
2011/07/08 21:17
>yannchan・さん、コメントありがとうございます。
術後の痛みについて教えていただいて、ありがとうございます。身近に話せる方がいないので急に心配になることがあります。放射線治療もなかなか手ごわいですね。
今少し治療な緩んでいるときなので、リラックスしようと思います。これからもよろしくです
carumi
2011/07/11 09:15
手術して「はい、終わり」だと良いのですが。
その後の痛み等のご苦労も。
主治医の治療方針もあるのでしょうけれど、耐えるのは体も心も辛いですよね。耐えないことに罪悪感のようなものは思わないでくださいね☆いつも、がんばっていらっしゃいますから。
どうぞがんばりすぎず、ご自愛ください☆
あかり
2011/07/12 14:07
>あかり・さん
手術して終わり・・私自身もそう思っていました。
その後の痛みに何ヶ月も耐えなければならないなんてって思う日々です。
つい家では痛くて文句ばかりいっていて・・家族を悩ませています
ただ次の外来が長いとすごく心配になってくることもあって、本当に悩ましい痛みです
carumi
2011/07/12 14:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://sometimessada.blog51.fc2.com/
緩和ケア ゆっくり、CARUMI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる