ゆっくり、CARUMI

アクセスカウンタ

zoom RSS 「天地明察」 冲方丁著

<<   作成日時 : 2010/11/16 09:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


分厚い単行本ながらも面白くて

一気に読めちゃいました

時代物として文章がすっきりしながら軽さがなく

それでいながら展開がよく

次作が楽しみな作家さんです


お話は・・・・

江戸城に碁打ち衆として登城を許された四家

安井 本因坊 林 井上 のうちの

安井家の長男 安井算哲 こと 渋川春海

春海は父没後、父親の名を名乗りながら、碁に誠心することができず

算術など多岐に学問している若者

というのも父親が養子をもらっているため

自分は血を分けた長男といっても次男のような気分でいるためだ

そんな彼がふとしたことから

和算の元祖となる 関孝和との算術の問題での交流から

碁という範疇から新しく暦を作成するという大事業を任され

成し遂げていく話です

武士ではないのだが、そのお役目上 老中たちと話をしながら

次第に若者が大きな目標へと駆け上がっていく様子



最近の夢がもてない空気を一掃してくれて

何かをしたい

そういった強い思いに突き動かされた感じになるのは私ばかりではないはず


数学に興味が持てない方でも

十分楽しめる一冊でした



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
何かに一生懸命になる登場人物の気持ちや、ストーリーは、読んでいて、「やる気」に火がつく影響を受けますよね♪
時代は変わっても、目標に向かって夢中になる姿はステキですね^^
あかり
2010/11/16 10:43
>あかり・さん
このところ「やる気」がすっかり失せていたので、
とっても煽られています。
本当に何かドキドキすることがしたいです
carumi
2010/11/16 11:23
以前、ブログの知り合いの方が読まれていて記事にされていたので、見たことがありました。
装丁からとても難しい本かと思っていましたが、その方も引き込まれて読んで、とても良かったと感想を述べていました^^
私も最近、弱っているせいか、やる気がいまいちなので、読んだらエネルギーを貰えるかもしれませんね☆
影響を受けやすいタイプ(しかし冷め易い…^^;)なので♪
はち
2010/11/16 13:11
>はち・さん
時代物としてそれほどの重量感を感じずに楽しく読めますよ。
春海のがむしゃらでないものの、前へ進んでいく力に
後押しされていきますね
怒涛のような攻め方でなくて、名前の通り春を感じるような優しい前進ぶりはとても好感が持てて
ちょっと影響されそうです
carumi
2010/11/17 11:01
話題になったからちょっと読んでみたいと思ってるけど、なかなか手にとることができません。ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかな。
けい
2010/11/17 18:29
>けい・さん
たぶん肩を張らずに楽しく読めるのでダイジョウブだと思います。
きっと気に入ってもらえるのではないでしょうか
carumi
2010/11/19 15:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://sometimessada.blog51.fc2.com/
「天地明察」 冲方丁著 ゆっくり、CARUMI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる