ゆっくり、CARUMI

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ココ・アヴァン・シャネル」

<<   作成日時 : 2009/09/21 17:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

もう怒る

どうして今時「ゲイシャ」のことを変な風に入っている映画に対して

配給会社が何の抗議もなく配給しちゃうのかしら??

私が問題だなぁっと思ったシーンは

シャネルがエチィエンヌの館で上流の方々がパーティーをしているときに

彼女は爵位もない孤児であり、彼の館で来客があるときは下働きの人たちと一緒に食事をさせられている

そのとき、汚れたナプキンが準備されていて、執事に聞くと

その汚れたナプキンを使うようにいわれる

そのことに怒り、彼がベットに戻ってきても起こっている

そのところで、彼は彼女にカフスをはずす様に命じる

もう彼女は階級のないことを十分身にしみて傷ついていてそっぽをむいていると

彼は日本には「ゲイシャ」がいて何でもしてくれるという

シャネルは「奴隷なの?」

彼はまた「私のゲイシャ」という

このシーンにははっきりってあきれた

配給会社にもあきれた

日本に対するイメージがフジヤマ・ゲイシャなのはわかるけど

こういう映画を入れる必要があるのかしら??

シャネルの映画はこれで2本目だが、シャネルの対する階級社会の大きな壁に苦しむ姿と

彼女の周囲の2人の男性との恋愛を軸に描かれている

シャネルがファッショに目覚めていく姿が描かれていなくて・・・

もうガックリ

一緒に観ていた友人も始めは寝てしまいました

あともう一本シャネルの映画が公開されるとか・・・

こうなったら最後まで見るしかないなぁ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ココ・アヴァン・シャネル」華麗な帝国を作ったココのシャネル前夜
「ココ・アヴァン・シャネル」★★★ オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、マリー・ジラン主演 アンヌ・フォンテーヌ監督、110分、2009年、フランス、2009-09-18公開 ...続きを見る
soramove
2009/10/06 08:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
それは、立腹`д´ですね
そんな風に表現する意味は何なのでしょう??
抗議がきたりしないのでしょうか??

次の映画は、どうなのでしょう^^
また、感想をお聞かせ下さいね☆
はち
2009/09/24 12:48
>はち・さん
私もどうして何も言わないでいるのか、不思議です。
このシーンを観ているだけで、興ざめでした
次のシャネルの映画に期待しちゃいます
carumi
2009/09/24 13:17
いまだにそのように「ゲイシャ」が解釈されているのでしょうか☆それとも、当時の外国人がそのように解釈していたという描写なのでしょうか☆
いずれにしても、誤解を招いてしまいますよね!
外国に渡ったゲイシャさんの本を読みましたが、以前はやはり誤解されていたようなことが書いてありました☆
こはる
2009/09/29 11:31
>こはるさん
このシーンだけでなく、何となく観ていてあまり良い気持ちになれなかったのです。
それでこのシーンが来て、この映画ダメだって思っちゃったんですよ
いつまでもゲイシャではないと思うのですが?
carumi
2009/09/29 12:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://sometimessada.blog51.fc2.com/
「ココ・アヴァン・シャネル」 ゆっくり、CARUMI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる