ゆっくり、CARUMI

アクセスカウンタ

zoom RSS 「生きづらさ」について 雨宮処凛・萱野稔人著

<<   作成日時 : 2009/02/06 13:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


年末に大きな問題となった派遣切りから東京・日比谷公園での支援村から正社員へも向いてきた人員整理問題。

そうでなくても、最近普通に生きていくことが難しく感じられる日々です。

貧困・ワーキングプア、ネット難民など多くの社会問題が噴出している現在を時系列的に

作家・雨宮処凛と学者・萱野稔人の二人の会話形式で問題に厳しく切れ込んでいきます。

当初会話で進んでいくことに抵抗があるかなぁと思っていましたが

分かりやすく解説してくれて、問題の根本へ迫っていきます。

精神的な生きにくさから社会的なものへと話はすこしずつ裾野を広げていきます。

派遣社員の問題や集団自殺の問題など今に沿って語られますが

あくまで一部であるように思えました。

少し分かりましたが、まだまだ分からない問題が多いと率直に思いました。

新聞・マスコミによるこれらの報道ももっと底辺から探って報道されないと

一般にはその問題のアウトラインすらみえてこないです。それだけ問題の深さに背筋が凍る感じがしました。


「生きづらさ」について (光文社新書)
光文社
萱野稔人

ユーザレビュー:
根は深い雨宮氏の実体 ...
もうナショナリズムの ...
ジャンヌダルク生きづ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今のところ私の仕事は、贅沢を言わなければ沢山の求人があります。永久雇用が当然でなくなった現在、しっかりとした考えをもって仕事も選ばなきゃって思いますね。評価される経験や成果をつくっていくのも大事かなあ?
もりもり
2009/02/08 20:46
>もりもりさん
そう思います。
安心な雇用・・すべてに揺らぎを感じますし。
私の仕事もこの大きな波を受けています。
本当にしっかりした考え方を持たなければならない時なんですよね。
carumi
2009/02/09 09:48
生きづらい世の中だと誰もが感じているのですよね。
それを何かや誰かのせいにしないで、皆一人一人が協力して考えるべき時代なのだと思います☆
なんちゃって(笑)☆
こはる
2009/02/12 13:26
>こはるさん
本当にその通りだと思います。
一人ひとりがもっと協力できて、温かさをもって
生きていければって切におもいました
carumi
2009/02/12 13:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://sometimessada.blog51.fc2.com/
「生きづらさ」について 雨宮処凛・萱野稔人著 ゆっくり、CARUMI/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる